旅で幸運をつかむ(2)~人生100歳時代のスマート・エイジングの考え方

旅で幸せになる
平成芭蕉の「旅して幸せになる」

令和の「平成芭蕉」



旅の知識・楽しみ方ランキング

スマート・エイジングと加齢についての考え方

「桜と振袖のかわいい女性」の写真[モデル:河村友歌]

2006年に東北大学で「スマート・エイジング」という考え方が提唱されました。人にとってのエイジングとは「生き続ける」ことで、スマートとは「賢い」という意味なので、「スマート・エイジング」とは「賢く加齢していく」ことです。よって、老化というイメージではありません。

そもそも私たち人間が、早く年を取りたいと思うのは、子供の頃だけだそうです。まだ10歳にもなっていないのなら、一日でも早く大きくなりたいと思います。「僕は何歳?」「5歳半だよ!」

でも36歳になったら「36歳と半年」とは言いません。5歳と半分、だからもうすぐ6歳になる。なるほど、気持ちはよく分かります。「君は何歳?」「もうすぐ16になります!」まだ15歳かもしれないけれど、「もうすぐ16!」と言う。16歳から17歳頃は人生の中で最も楽しい時期ですから!

そしてやがて20歳になりますが、20という年齢は「成人する」という特別な意味を持っています。しかし、30歳になると、どうなるでしょうか?なんだか悲しくなりますね。とうとう30。もうこんな年齢か~。青春時代も終わり、少しさびしさも感じたかもしれません。

「21代だった自分が30に、そして気がついたら40(アラフォー!)ちょっと待ってくれ!あっという間に時間が過ぎていってしまう。気がついたら50になり、そしてまさか自分が60になるなんて・・・」

そしてあっという間に70を越え、後はただ「ああ、もう週末か!」と過ぎていく。そして80を迎え、同じ毎日が過ぎていくだけ。お昼の時間だ、夕食だ、もう寝る時間だ、延々と続きます。

しかし、90歳になると、今度は、感覚が逆転します。「ワシはまだ92じゃよ」さらに不思議な事が起こります。そして100歳になるとついに子供に戻ります。「ワシは100歳と半年じゃよ!」皆さん、健康な100歳と半年を迎えましょう!!

充実した人生を過ごす10の教え

「岩木山のある風景」の写真そこで、この人生100歳時代を充実した人生として過ごす秘訣が「スマート・エイジング」の考え方です。そのために、いつまでも元気で過ごすコツは次の10の教えを守り、積極的に旅に出て、適度なストレスを楽しむことです。

1. 年齢、体重、身長など、どうでもいい数字は気にしないこと

2. 元気な友達とだけ付き合うこと
  ネガティブな人といると、こちらの気持ちも暗くなります。

3. 生涯学習あるのみ
  コンピュータ、園芸、なんでもよいので学ぶ姿勢を持ち、脳を怠けさせない事です。怠けた心
には、衰えという悪が宿るので、やはり積極的に旅に出て、学びを増やしましょう。

4.毎朝の散歩など単純な事を楽しみましょう

5.一日に一度は大きな声で、お腹が痛くなるくらい笑いましょう

6.悲しみ、耐えて、そしてまた進む
  一生涯付き合ってくれるのは、自分自身なので、命ある限り、自分の人生を歩みましょう。

7.好きなものに囲まれて暮らしましょう
  家族、ペット、思い出の品、音楽、植物、趣味、何でもいいですから好きなものに囲まれて
暮らしましょう。家は自分の居心地の良い場所なのですから。

8.体を大切に!今健康ならそれを維持し、悪いなら、早めに治療しましょう。

9.後悔しないこと
  とにかく後悔する気持ちを忘れさせてくれる場所に出かけましょう。

10.どんな時でも、大切な人に「愛している」と伝えましょう

環境が人を作るのではなく、環境によって己を知る

「夕焼けに染まる湖面と桟橋」の写真そして絶対に忘れてはいけない事は、人生とは、自分が息を吸う数ではなく、息を吐く瞬間で測定するものです。充実した毎日を過ごすために、旅に出る気力と体力は持ち続けましょう!

また、人生100歳時代を生きる上では、「環境が人を作るのではなく、環境によって己を知る」ことが重要です。

自分では革命的な変化や不愉快な状況はコントロールできませんが、その状況に対する自分の反応はコントロールできます。人生に振り回されるのではなく、人生を切り開いていこうと自分で 決めなければいけません。外部の状況ではなく、自分の価値観や目標で 物事を決めるのが幸運を呼ぶ秘訣です。

そして、先を読みながら理性で感情をコントロールし、 自分のパワーを感じ、 自己責任で将来を迎えるためには、日々の暮らしの中でビジョンを 作らなければいけません。自分が自分を大切にしなければ、 一体だれが自分を大切にしてくれるのでしょうか?

私たちが持っているメンタルや感情的な姿勢は、 昔からの習慣によって形成されてきた事を 理解しましょう。変化を快く受け入れれば、これからの新手法や挑戦が楽しみになります。

固定観念を持っていては、 現在の新しい社会に上手に対応できなくなります。自分のパワーを大切にし、人生と上手に向き合えば、 変化から生じる裏切りやストレスが少なくなります。「昔はこうだったから、こうあるべき」という 古い考えをいつまでも持ち続けていると、 新しいソリューションから自分を遠ざけてしまいます。

旅に出て自分に質問しましょう。自分を大事にし、最高の人生にするために、 今何をすべきか? 前向きに生きていくために、 今何をしているのか?

この質問が充実した人生を過ごし、幸運を招く鍵となるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました