旅で幸せになる

旅で幸せになる

旅から学ぶ処世術(15)~仕事効率を上げる1点集中法

脳はマルチタスクには向かず、1つのことに集中する 在宅でテレワークの仕事が主流になってくると環境の変化がなくなるので、仕事に集中するためには工夫が必要です。 私たちの脳は、「1つのことに集中する」ことで、最大のパフォーマンスを発揮で...
旅で幸せになる

旅で幸運をつかむ(3)~コミュニケーションの秘訣は「聞き上手」

コミュニケーションのコルは「誠実な関心」を寄せて「聞き上手」 最近読んだデール・カーネギーの『人を動かす』という本によれば、コミュニケーションのコツは、人に対して「誠実な関心」を寄せることです。そして「相手の心の中に強い欲求を起こさせるこ...
旅で幸せになる

旅で幸運をつかむ(2)~人生100歳時代のスマート・エイジングの考え方

スマート・エイジングと加齢についての考え方 2006年に東北大学で「スマート・エイジング」という考え方が提唱されました。人にとってのエイジングとは「生き続ける」ことで、スマートとは「賢い」という意味なので、「スマート・エイジング」...
旅で幸せになる

旅で幸運をつかむ(1)~「まず与えること」によって幸運を招く

旅に出ることのメリットは? 旅に出ることのメリットの1つは、日常から解放されて、自分が本当に望むものが何かをゆっくり考える機会がもてることだと思います。この「自分が何を望んでいるか」を明確にすることができれば、潜在意識のシステムをさらに活...
旅で幸せになる

旅から学ぶ処世術(15)~自分がコントロールできることにフォーカスする

自分が「決定権」を持つことを優先する 人は長時間ストレスを感じ続けると精神的に落ち着かず、生産性も大きく落ちてしまいます。 当然ですが、生産性が落ちた状態では望む成果を実現することも難しくなります。 そして、人間は「このまま新...
旅で幸せになる

旅から学ぶ処世術(14)~旅は学習効果を上げる行動力発動のスイッチ

情報をインプットする前に必要な情報を自分ごとと意識する 学ぶ際には「行動を意識する」ことが効果的ですが、私たちの脳は、「自分自身が重要だと思っていること」 しか、インプットしません。 つまり、たとえ本当に行動に必要な情報や役に立つ情...
旅で幸せになる

旅から学ぶ処世術(13)~読書や研修会で学習効果を高める心構え

学習する際には「行動」を意識して学ぶ 旅に出れば、人は多くのことを学ぶことができます。そこで、私は旅を通じて異文化に触れ、自分の限界域を広げるように心がけています。 私は旅こそ最も効果的な学習法だと考えます。なぜなら、旅には必ず行動...
旅で幸せになる

旅から学ぶ処世術(12)~ワクワク感から生産性を高める

ワクワクすることをすれば成功する 私は令和の時代は、忙しい旅からゆとりがあって「ときめき」を感じることのできる「共感」の旅をすべきだと考えます。 それは「旅行+知恵=人生のときめき」をテーマとした「心のときめき」を感じる旅をすること...
旅で幸せになる

旅から学ぶ処世術(11)~旅先での効率的な会話術

旅から学ぶ処世術~質問されてもすぐには答えない 「この地でおすすめのお土産は何ですか?」 「おすすめのメニューは何ですか?」 など 旅先では、私たちはさまざまな質問をします。 しかし、優秀な店員は質問をされてもすぐには答...
旅で幸せになる

旅から学ぶ処世術(10)~効果的な読書法

旅から学ぶ処世術~旅先での読書がツキを呼ぶ 情報の溢れている今日、本を読んでも、 ・ 読んで学んだ内容がイメージできない ・本の内容をなかなか実践に活用できない と悩んでいる人が沢山います。 これは、「本を読む目的...